08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

萬劇場ブログ

東京・大塚にある「萬劇場」のブログです。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

萬劇場への道!

2009.09.24/Thu/16:36:07

HPの「アクセス」のページには、

JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分
都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分

とある萬劇場。

しかし、大塚駅前がちょっと複雑な形をしている事と劇場の面している道が少し奥まった位置にある事が原因か、道に迷ってしまわれるお客さんが時々いるのが現状です。

そこで!!

これから、このブログにて萬劇場の周辺や駅から萬劇場までの道のりを写真付で紹介していきたいと思っております!

「このブログを見れば、萬劇場まで迷うことはない!」

そんな道案内を目指して書いていきたいと思いますので、

ご期待ください!!!
スポンサーサイト
カテゴリ: 道案内
テーマ: 演劇
ジャンル: 学問・文化・芸術
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

第816回「がんばれ!と応援したい人・モノ」

2009.09.23/Wed/11:33:25

部活生のYさんが出演します!

先日もチラシとポスターを持って、部活に参加しに来たYさん。熱心です。
ポスターまで持ってくるのは彼女が初めて。
それだけ自分の舞台に全部を注ぎ込んでいて、一人でも多くの人に見てもらいたいと、
心底願っているのが伝わってきました。

<演技>部活動では、「舞台を見ることは大切な勉強になるよ」とお話ししています。
参加者さんにとっては、同じ参加者の舞台での姿は、かなり刺激になる筈です。

Yさんがゼヒ!と惚れ込んでいる舞台は、こちら ↓

09年10月1日(木)~4日(日)
ミュージカル;「ゲットー/GHETTO」空間製作社Vol,8
場所;川崎アートセンター アルテリオ小劇場
小田急新百合ケ丘駅からすぐ、新宿から快速急行で23分
チケット;前売3500円 当日3800円

10月1日(木)18:30開演 A班 代役/アン二役で出演
10月2日(金)18:30開演 B班 出演
10月3日(土)13:00開演 B班 出演
        18:00開演 A班 出ません
10月4日(日)12:00開演 A班 出ません
        16:30開演 B班 出演   (出演と書いてあるのは、もちろんYさんが、です)

※開場は30分前より

チケットは、萬に連絡してもらえれば、Yさん経由で手配できます。
どうぞよろしくお願いします!


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。本日のトラックバックテーマはプレゼントつき!そんな今日のテーマは「がんばれ!と応援したい人・モノ」です。今回のトラックバックテーマは、映画「風が強く吹いている」の試写会ご招待のプレゼントつきです映画「風が強く吹いている」は、普段マラソンとあまり関係のなかった8...
FC2 トラックバックテーマ:「がんばれ!と応援したい人・モノ」


カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

<演技>部活動vol.12

2009.09.20/Sun/14:49:10

今週は2回も部活があるので、参加者も我々もひーひーです。

ボイトレは、課題発表会に向けて、テキストの朗読が登場。
いつもの「あーーーー」じゃなくて言葉を伝えようとすると、途中から腹式の動きが逆に
なってしまったり、肩に力が入ったりで、専門家でない私にも、できていることとできていないことが
丸分かりでした。やっている参加者皆さん自身も、きっとそうだったのでは。

演技は、門間さん。つい乗せられてしまう、頷いてしまう雰囲気作りは、さすが演出家です。
レッスン後のフリートークタイムは、門間さんの取り合いでしたが・・。
「僕は、夢の遊民社に入って・・」。参加者ボカーン。「えーと、野田秀樹が・・」。参加者「名前は聞いたことあります」。

これも、時代です。
カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

<演技>部活動VOL.11レポート

2009.09.20/Sun/14:28:44

遅ればせながら・・・。

演技の講師に、門間利夫さん(うるとら2B団主宰)が加わり、鈴木清信さの「演技」レッスンの2本立て。参加者が混乱しないよう、限られた時間が有意義になるよう、お2人と我々で、がっつり打合せをしてレッスンに臨みました。

鈴木さんの授業にて。「やったー!あれ、私のバッグは!?」と言ってから、その前にバッグを放り投げている設定に気が付く人。「立ってもらえませんか?」と、立ったままの相手に言う人・・。自分のプラン通りに相手が動かず、先読みの芝居をする人、などなど。
本読みはまずまずに聞こえていたけど、科白のイメージをなんとなく声に出していた人が多かった
ようです。

鈴木さんの今日の一言。
「演技に正解はない。決めるのは演出家。僕は現場に、3つは演技プランを持っていくよ。」

続いて初登場の門間さん。
スローモーションは皆さん楽しそうで、家に帰ってから早速やった人もいたようです。
実は、日舞の稽古と同じゴールを目指しているものなんだって、気が付いてくれたかな?
それと、1回目の鈴木さんの授業でやった「普通に歩く」と同じじゃんって、ピンと来てくれたかな?






カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

刀&刀袋

2009.09.09/Wed/15:30:25

こんにちは。萬劇場スタッフTです。

当劇場に 忘れ物をしたかも…
とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

と、言うのも。先日こんな忘れ物が。

-- read more
カテゴリ: 忘れ物情報
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

レポートの続き

2009.09.07/Mon/17:58:32

日本舞踊は、着付けから先生に面倒見て頂いてスタート。

P9050252_convert_20090907180954.jpg

立ち、座り、歩き、などの「所作」は、必ず稽古の冒頭でおさらいします。
これが様にならないと、時代劇のオーディションはまず通りません。

P9050260_convert_20090907220752A.jpg

1月の発表課題曲から、今日は「夕暮れ」です。前の人が間違うと、後ろの人もそれを見て間違える
ものですが、この日は飲み込みの早い方がいたせいでか、全体的に覚えるペースが速かったです。

P9050261_convert_20090907220636B

時代劇に限らず、舞台での立ち姿に違いが出ます。だから、日本舞踊は<演技>部活動の
大切な柱なのです。
時計の針は、まもなく9時半。

着物のたたみ方も先生に教わって、その後はお菓子片手のお話しタイム。
レッスンの相談やお芝居の告知で、かなり時間オーバーしてしまいました。
箱根から参加の○○さん、無事帰れましたか?

次回は14日、萬劇場にて、初の演技2本立てレッスンです!
 
カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

萬劇場部活動vol.10レポート

2009.09.06/Sun/22:06:10

9月4日、赤坂ウェザーマップにて、ボイストレーニング&日本舞踊。

初参加の3人は、ダンサー、パフォーマンス、英語劇と、経歴はさまざま。
顔馴染みの皆さんや先生お二人もオール女性のレディースデーとなりました。

P9050251_convert_20090907173813_convert_20090907174222.jpg

演技をする時に体が緊張してしまう、発声の時に上半身に力が入ってしまう・・、
という参加者の姿がちらほら。
そこでボイトレ講師・南さんに、楽な状態や動きを体に馴染ませるトレーニングを
取り入れてもらいました。一度で身につくことはない世界です。
近所迷惑にならずに夜中にやれる練習法など、積み上げていくためのノウハウを
先生方はレッスンに盛り込んでくれています。

皆さんが日舞の着付け中に、1月に萬劇場で発表してもらうボイトレの課題を南先生と
打ち合わせ。朗読または歌。
レッスンでやり方を学ぶ、自分で練習する、次のレッスンでできているかできていないかを
知る、というサイクルで参加してもらうための、課題導入です。


そろそろ搬出が始まるので、劇場に降ります。続きはまた。


飯村


カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

2009.09.02/Wed/18:32:47


高円寺の阿波踊り、ほぼ毎年見に行ってきます。
人前でなにかを表現する、見ている人を感動させる点で、ひたすら圧倒されます。
今年は、知り合いの晴れ姿も楽しみです。

いよいよ登場

あちこちの会場を探して、ようやく○○さんが所属する「たまき連」が。

200908292048000.jpg

一番向こうの、男踊りが○○さん。まず分かりません(涙)。
知り合ったのは、萬劇場<演技>部活動。熱心な生徒の○○さんは、
本場徳島まで踊りに行く、「踊る阿呆」でもあったのです。

200908292049000.jpg

○○さーん!と声援を送るも、あっけなくスルー。○○さんはめがね外してるし、こっちは120万人の中の1だし・・。悠然として、笑顔で踊り去る彼女はただただカッコよく。

今度の<演技>部活動は、ボイトレ&日本舞踊。金曜日。
きっと「いえもう、ただ好きなだけですから」とか言うんだろうな。
こんな凄い姿を、部活の稽古場でも早く見せられるようになるといいですね。

この後、また人ごみを探し回って東京葵連さんにごあいさつ。以前芝居を作った時に、
二つ返事で出演して頂いた縁です。連長の中村さんをはじめ、皆さんお変わりなく。
いやもう、踊るために生きている世界の住人ですから、やめるなんてありえないんですね。
毎年人数が増えて、80メートルくらいの列を作る連になってました。

行く度に、なにかやってやろう!という気持ちにさせてくれる阿波踊りです。

萬劇場・飯村
カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。