10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

萬劇場ブログ

東京・大塚にある「萬劇場」のブログです。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

第829回「最近、もらったものは?」

2009.10.14/Wed/18:30:42

無理やりテーマに合わせるみたいですが、

いいレッスンをしてもらいました。南先生、ありがとうございました!

<演技>部活動VOL.16は、初のボイトレのみの3時間。

基本が分かってきたら、その上になにをどう載せて行くか、一人一人の進歩状況や課題に
合わせて指導。短い詩を使って、遠くにいる相手に届ける、目の前の恋人に届ける、感情を
乗せてみる、ウィスパーで言ってみる、アニメ調で言ってみる、宝塚調で言ってみる・・などなど、
それによってすごく響くいい声が出せたり、一本調子になったり、すっとんだ声が出たり。
一人一人に、それはなぜか、体の中がどうなっているのかということまで事細かに。
この日の参加者は、ほんと、いい勉強ができたと思います。

発声は、その道に関わった人なら誰でも訓練経験があると思いますけど、正直な話、
萬劇場の公演でも、できてないなあという人が結構出演してたりします。

これは私の感想ですが・・。

体で覚える、体が覚えることだけに、先生方は理解の手助けにいろいろな言葉を使います。
一発でピンと来る人もいれば、過去に習ったことと正反対だとひっかかってしまう人もいます。
いやいや、正反対に聞こえる時点で、過去に習ってきたことが未消化のまま言葉だけ
頭に残ってるって状態なんだなあ、と、見ている私は思います。
イメージを手助けするための言葉ですから、例えば「上から引っ張る、下からも引っ張る」とか、
自分なりの言葉や感覚に置き換えてみましょうよ。それでピンと来なければその場で聞こう。
「いいから100回やってみろよ!」
なんて言われないから。

そして蛇足ですが・・・

私は、野球の応援で慣れている?のか、大きな声を出すのが平気です。
この点だけは、部活生のみんなに勝てるかも?と自負しています。
でも明らかにのどを使っているので、発声としてはまるでダメです。
だからボイトレの時間は、みんなにばれないように、こっそり私も練習してます。
スポンサーサイト
カテゴリ: 未分類
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://yorozutheater.blog83.fc2.com/tb.php/13-e98e5207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。